自作もやし(栽培機)

もやし栽培機を導入。alibabaあたりだと送料入れても安く出ているが、日本の通販で購入。

この栽培機、上下2段になっていて、下の段は黄化したまま普通のもやしの色だが、上の段は蓋に穴があいているからからグリーニングする。でもそれがなかなかよい。(「もやしの杜」の由来はその見た目から)

上の段

下の段

これまでに2回栽培。いずれも100 gの緑豆の種を使い、根等を取り除いた後にどちらも(上下段あわせて)約600 gのもやしを得た。100 gの緑豆の種は、約92円。スーパーのもやしは18円/200 gなので600 gなら54円で購入できる。カゴで試験栽培したとき同様、元はとれない。栽培機の網を洗うのもけっこうな手間。

とはいえ新型コロナウイルス蔓延防止のため、不要不急の場合はもとより、買い物等もまとめて外出を極力控えているので、食卓への新鮮なもやしの安定的な供給のためには自作するしか方法がない。買い物にでたときには鮮度を維持できる量は買っているし、新型コロナウイルスの流行が終息したら常に店で購入するようにして、栽培機には待機モードに入ってもらう予定。それまで毎日2回の水替えを頑張らなければ。

コメントを残す